システムエンジニアの管理職の休日

システムエンジニアの管理職になると、休めないという場合が出てくることも少なくありません。大型のプロジェクトが動いているときには、休み返上で仕事をする機会も増えるからです。IT業界で休みがないことは多い傾向にありますが、管理職は責任ある立場になるのでさらに仕事量が増えます。そこで、休みが取れた場合には、慢性的な睡眠不足やストレスの解消のために休日を使うという人が多いようです。次に出社するための活力を得るという意味では、この休日の使い方はかなり有意義でしょう。
また、管理職になると社内外の会議が多くなるため、そこで必要な資料を休日を利用して作っている人もいます。仕事と変わりない過ごし方ですが、仕事が趣味のように楽しいという人が多いのはIT業界の特徴です。趣味の延長線上で仕事をしている人は、新しい知識を得ることが楽しくてしょうがないのです。会議で使う資料などはその傾向が強いですが、仕事に直接関係ない場合もあるでしょう。
休日は家にいて何もしないという人は少ないかもしれません。人脈が広いことも特徴の1つなので、何かしらの付き合いが出てくるのです。飲み会や食事会といった予定が入っていることもあり、休日は充実しているという人が多いかもしれません。毎日パソコンに向き合っているからといって、休日にパソコンに向き合わないかというとそうでもないです。パソコンが趣味の人も多いので、休日はずっとパソコンをいじっているという人もいます。