管理職として働くことを目指す

IT業界は、インターネットやパソコンが普及した現代において必要不可欠であり、かついまだその規模を拡大しつつある業界です。IT業界にはさまざまな職種があり、その中の1つとしてシステムエンジニアがあります。システムエンジニアは、システムの設計や開発、テストを行う職種です。似たような職種にプログラマーがありますが、プログラマーの仕事を下流工程とした場合、システムエンジニアの仕事は上流工程となります。
システムエンジニアに限らず、中には仕事を続けていくと昇進して管理職になる人も出てくるでしょう。しかし、すべての人が管理職になるわけではありません。システムエンジニアとして長く働いた場合、30代ほどになる頃に管理職になる人が出てきます。もちろん管理職にならず、現場職としてシステムエンジニアを続ける人が出てくるのも現状です。
企業の給料体系にもよりますが、管理職になると給料が上がる可能性が高くなります。管理職になれない場合は、別の企業へと転職して管理職を目指し、給料アップを狙うことも1つの手段でしょう。IT業界においては転職は珍しいことではなく、ジョブホッパーも多くいます。IT業界、特にシステムエンジニアを専門に取り扱う転職サイトや派遣会社なども少なくありません。長くシステムエンジニアを行っていれば、その経験が買われて転職先が見つけやすくなるでしょう。
しかし、システムエンジニアは現場職にこだわる人が多く、そのため管理職を求める企業は少なくありません。すでに管理職の経験を持っているのであれば、引く手数多といっても過言ではないでしょう。